相続のサポートをさせて戴いた方と可能であれば、その後もお会いさせて頂いてお茶などをしながら近況を聞かせて頂いています。

先日は、公正証書遺言の作成のサポートと遺言執行の依頼を頂いた姉妹の方と、喫茶店でお話する機会を戴きました。

80歳代後半のお姉さんと80歳代前半の妹さんですが、お二人ともあちこち病院に行っているとはおっしゃっていましたが、とてもお元気なお二人です😀

昼間は友人と会ったりいろんな所に出かけたりし、夜は手料理を肴に毎日の晩酌が楽しみとの事でした。
2時間半程いろいろお話しさせて頂き、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

私も80歳代になっても、彼女たちのように元気で楽しく過ごしたい!!と強く思いました。

自分の生前の準備、亡くなる時の準備をしっかりした後は、一度しかない人生、生きている間の人生をしっかり楽しんで生きる!
改めてそう思いました。

私も元気でいるように心掛け、彼女たちの今後も見守りたいと思います。

この記事を書いた人

吉野喜博

吉野喜博

1951年5月、広島県広島市生れ。現住所は埼玉県所沢市。
国立呉工業高等専門学校建築学科を卒業して、建築の企画・設計・監理業務に約30年従事する。
30年前位から不動産の仕事(ビル・マンション企画開発・販売、土地の仕入れ、仲介業務等)も併行して行う。
2008年から相続の勉強に本格的に取り組む。
2016年から所沢市にて、市民の方を対象に相続勉強会と相続相談会を開催している。
各所で、相続セミナーの講師および相続相談会の相談員を担当。

趣味:
所沢の米で日本酒を作る会の監事、日本酒を嗜むこと、カラオケ、韓国語の勉強。

保有資格:
NPO法人 相続アドバイザー協議会認定 上級アドバイザー、
一般社団法人 相続診断協会認定 上級相続診断士、 公認 不動産コンサルティングマスター、
相続対策専門士、 一級建築士、 宅地建物取引士、 ファイナンシャルプランナー