一昨日、第51回 所沢相続勉強会を開催しました。

今回は勉強会に参加してくださる方がどうしたら満足して頂けるか考え、レジュメの量は今迄の6割程度にし、参加者の方に出来るだけお話しして頂くようにしました。

勉強会の最初に参加者の方が知りたいこと・聞きたいことをお聞きし、スライドの説明では質問の機会を多くとり、勉強会の途中では参加者の方の今の気持ちや考え・困っていることなどについて色々お話して頂きました。

お話しする中で、参加者ご自身が気付かれたことも有ったようです。

参加者の方からは、「早めに相続対策する必要性を感じた。」「認知症になる前に対策しなければいけないのが、よく分かった。」「現在、相続手続きを進めているので、具体的な例もあり分かりやすかった。」「レジュメが役にたった。」
などの感想をいただきました。

相続対策や、生きている間の生存対策は、早め早めにやって頂きたい。
相続対策、生存対策に早過ぎるということはない、という事を結構お伝えしましたが、皆さんご理解頂けたような気がします。

個別相談のお申込みも頂きましたので、丁寧に寄り添って対応させて頂きます。

7月も勉強会を開催しますので(7月23日)、相続について気になっている事が有る方、取り敢えず相続について勉強したい方、お時間のある方はお申込みください。

申込み先  TEL : 090-5580-1050     Mail : yoshino-y0529@nifty.com

この記事を書いた人

吉野喜博

吉野喜博

1951年5月、広島県広島市生れ。現住所は埼玉県所沢市。
国立呉工業高等専門学校建築学科を卒業して、建築の企画・設計・監理業務に約30年従事する。
30年前位から不動産の仕事(ビル・マンション企画開発・販売、土地の仕入れ、仲介業務等)も併行して行う。
2008年から相続の勉強に本格的に取り組む。
2016年から所沢市にて、市民の方を対象に相続勉強会と相続相談会を開催している。
各所で、相続セミナーの講師および相続相談会の相談員を担当。

趣味:
所沢の米で日本酒を作る会の監事、日本酒を嗜むこと、カラオケ、韓国語の勉強。

保有資格:
NPO法人 相続アドバイザー協議会認定 上級アドバイザー、
一般社団法人 相続診断協会認定 上級相続診断士、 公認 不動産コンサルティングマスター、
相続対策専門士、 一級建築士、 宅地建物取引士、 ファイナンシャルプランナー